遠藤 利克 小品展

遠藤利克の小品展は珍しいが、「小品」か、と言われれば、首を傾げたくなる。 インスタレーションも含め、新しい展開を予感させるプランが集まっていて、見応えがある。「水の座」のドローイング、「水の領域」のドローイング、インスタレーション、など、次なる展開が待たれる。
また、今回「壺」のシリーズもあり、小品といえども、かなり見応えのある展示となっている。流石、というしかない。

T/A

ページ上へ